コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

アダム キャラ対面

前回までの記事はこちら


compass-deck.hatenablog.com


compass-deck.hatenablog.com


compass-deck.hatenablog.com

アタッカー

アダムというキャラが最強なのでアタッカーには大抵有利が取れる。マジスクから通常攻撃で押し切られるのが主な負け筋なので敵のマジスクが残っているかは常にチェックしておこう。

双挽 乃保

7対3で有利対面。相手にわざと通常攻撃を入れさせればフルカノを確定で当てることができる。マジスクで一気に体力を詰められるとかなり厳しいのでそれだけ警戒しておこう。

桜華 忠臣

8対2で有利対面。足の差で一方的にフルカノを当てることができる。通常攻撃の初速でも勝っているのでほとんど負け筋はない。

マルコス’55

7対3 カノーネがあればダメカ2に対してかなりの有利が取れる。マジでうまいマルコスはこちらのフルカノを平気で避けてくるのでカードをきちんと当てるよう心がけよう。

ソル=バッドガ

7対3 ダメカが切れてるときにアバカンを撃たれるとつらいがそれ以外はだいたい何とかなる。通常攻撃のダメージはわりと同じぐらい。カードを一回でも当てればそのまま倒せることが多い。

リュウ

8対2 なんのカードを持っているかが分からないが何を持っていても大抵勝てる。遠距離攻撃をいつ撃たれてもいいようダメカを張る準備だけはしておきたい。

マリア=S=レオンブルク

7対3 カードを当てればそのまま倒せるのでカードをいかにして当てるかが大事になってくる。外したすきにマジスクをされるとかなり厳しいので極力隙を作らないようにしよう。

アダム=ユーリエフ

5対5 デッキ構成が割と明暗を分ける。通常攻撃でどの程度のダメージがでるかが重要なので殴り合ってるときにちゃんとチェックしよう。もちろんプレイヤースキルも大事。

レム

4対6 結構きつい。敵の攻撃カードをよけつつこちらのカードを当てる方法が一切ない。相手のオレンジに対してダメカを張るのもかなり高難易度。カードを吐いた後の隙を狙うようにしよう。

カイ=キスク

6対4 カードが分からない最初だけきついが分かってしまえば結構何とかなる。通常攻撃のダメージが意外と大きいので油断しないように。

ガンナー

完全なるメタ対象。ガンナーを倒すために生まれてきたキャラなので大抵は秒で倒せる。唯一の負け筋がアバカンなのでそれだけ警戒しておくこと。むやみに属性変更するとダメカが切れないので、相手がアバカンを撃ちそうなタイミングは属性変更を我慢するのがコツ。

リリカ

8対2 足がめちゃくちゃ速いので常に逃げ回られるとかなり厄介。しかし負けることは基本ない。ポータルを踏みながら秘めたる or タイオワでやばいダメージが出ることがあるのでダメカを温存しすぎてやられないようにしよう。

ルチアーノ

6対4 意外ときつい。アバカンを警戒して属性変更をためらっていると普通に殴り負けてしまう。属性変更をするとアバカンで詰むので結構負け筋が多い。足の差を生かして最速でフルカノを当てにいこう。雑に打つとバクショで避けられるので注意。

深川 まとい

8対2 相性的にはガン有利だが敵のフルカノに当たると普通に死ぬ。油断はせず敵のカードをしっかり避けるようにしよう。どちらもアビリティがあり、お互い通常攻撃で殴り合うときは属性をしっかり確認しておくと素早く倒せる。

ディズィー

7対3 とにかく脆いので通常攻撃を数発入れるだけで倒せることもある。こちらはオレンジ一発ぐらいなら全然死なないのでやはり有利。しかしディズィーに武術家を積まれ常に距離を取られ続けると途端に厄介。カード次第で相性が覆るので要注意。

サーティーン

7対3 割とアダムとやりあえるキャラ。いろいろな攻撃カードが飛んでくるので何も考えず近寄ると痛い目にあう。カードを切るタイミングが間違っていなければ大抵勝てるので頑張ろう。

エミリア

9対1 負ける要素がほとんどない。アバカンを搭載している場合が多いので相手がカードを連切りしたらダメカを張るようにしよう。なんならアバカンに当たっても死ななかったりする。

メグメグ

9対1 ほぼいじめである。こちらもアバカンしか負け筋がない。エミリアと違ってアバカンに当たったらほぼ確殺なので絶対に避けるようにしよう。同格メグメグに95%勝てるようになったら一人前のアダム使いになれるだろう。

鏡音 リン

9対1 いじめである。アバカンを入れている型も少ないので本格的に負け筋がない。集団戦でHAを使われるのが一番厄介。1対1で戦える状況を作るようにしよう。

イスタカ

6対4 マピヤを付けられていると通常攻撃だけでもかなり痛い。フルカノもあるので他のガンナーに比べるとだいぶきつめ。カードを常に警戒させて通常攻撃させる暇を与えないようにしたい。

タンク

味方と協力すれば倒せるが一人で倒すのは至難の業。カノーネを持っているときにダメカ抜きタンクがくると少ししんどい。やれないこともないが無視したほうがいい場合も多い。

ジャスティス ハンコック

5対5 アダムの通常攻撃の火力は高いもののそれでも倒せない。相手が回復する瞬間を狙ってフルカノを撃つのが一番いい倒し方。しかし時間もかかるのでどうしても構わなければいけないとき以外無視しよう。

ジャンヌ ダルク

8対2 ほとんどダメカを持っているのでカノーネが腐りづらい。通常攻撃も刺さるので相性的にはかなり有利。カードをきっちり当てることが大事なので使うタイミングをしっかり考えよう。敵を追い込んで逃げ道を狭めることが重要。

グスタフ ハイドリヒ

3対7 ダメカを積んでるグスタフが一切いないのでカノーネがただのゴミになる。周囲も避けにくいのでとてもやりづらい。見つけても見なかったことにして他の敵を狙いにいこう。ちなみにこちらがフルークレンジ型だったら普通に戦えたりする。

ヴィオレッタ ノワール

7対3 こちらもダメカ無しが時々いるのでカード次第。体力がかなり高いのでひとりで削りきるのはかなりの重労働。一回ポータルから剥がせたら後は味方に任せるようにしたい。

鏡音 レン

7対3 ダメカ搭載が多いのでフルカノがよく刺さる。ガンガンカードを使って体力を削っていきたい。動き回られるとめんどくさいので素直にガンナーに任せよう。

スプリンター

最強キャラであるアダムが唯一倒せない方たち。動きが止まる瞬間を見極めてカードを当てると普通に倒せることもあるがレアケース。基本的に逃げ回られるとどうしようもないので他の敵を狙いに行こう。

十文字 アタリ

4対6 相手にしててめんどくさい。アタリはカード発生が遅いのでカード打つ隙をつけば割と倒せる。しかし相手が自分より下手なのが前提なのでやはり無視するのが安定ではある。

Voidoll

3対7 カード発生が極めて速いのでアタリのように隙をついて倒すというわけにはいかない。相手のスタンを上手く避ければチャンスが生まれる。

ニコラ テスラ

3対7 不利というわけではないが体力が高すぎてフルカノを一発当てたぐらいじゃまったく死なない。相手にしてるとキルが発生しないまま試合が終了してしまうので早く敵ガンナーのもとに向かおう。

初音 ミク

4対6 ダメカ二枚が多いのでカノーネチャンスが比較的多い。しかしやはり基本は当たらない。ミクにカノーネを切るのはややもったいないので無駄遣いには気を付けよう。

コクリコット ブランシュ

4対6 こちらは戦うことしかできないが相手は戦うことも逃げることもできるのでやや不利より。ダッシュによる攻撃力の低下時間をしっかり把握していれば割と戦える。レンジをもっているとさらに戦える。

春麗

3対7 こちらはスタン生徒会で普通に倒されるが相手を倒す方法はほとんどない。1対1はもちろん集団戦も嫌。かなり相手にしたくない。

かけだし勇者

5対5 カードの発動がとにかく遅い。「相手がいつカードを使うか?」ということを常に考え続ければ意外と隙だらけだったりする。通常攻撃の転倒とスタンには注意。