コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

アダム 立ち回り考察

前回までの記事はこちら


compass-deck.hatenablog.com


compass-deck.hatenablog.com

序盤

ステージによって多少違うが基本的に自陣2を触ってすぐCの援護にいくという流れが基本。最速でCに向かって最初に何としても3点を安定させたい。アダム自身はほとんどHSを貯める必要がないので自陣2を広げる必要はない (芋りは厳禁!) 。敵がドアで飛んできたらきちんと対処しよう。ほかのアタッカーに比べて突進系HAがないため少し処理が遅れることが多い。きちんとカード当てて剥がす練度が求められる。

中盤以降 (ポータル数優勢のとき)

とにかく前線に出て敵にプレッシャーを与えよう。敵ガンナーの射程にだけ気を付けてなるべく前に出て、前線を押し上げていく動きが強力。ついでにポータルも踏んで敵チームにHSを貯めさせないようにしたい。もちろん死なないことが一番大事なのでダメカと回復を切るタイミングは絶対に間違えないようにしよう。アダムの場合使えるカードがなくなってHPが危険域になったとしも氷柱で味方の援護ができるのが強い。

中盤以降 (ポータル数劣勢のとき)

とりあえず敵陣に向かおう。アダムというキャラは1対1の戦いにおいて最強クラスなので、うまくタイマンの状況を作ることが大事。特にガンナーにめっぽう強いキャラなので、うまいこと味方と連携して敵ガンナーと戦えるように動こう。そこでしっかりキルが取れるようなら大抵ポータルも取れる。敵陣に飛び込んでデスしてしまうと大幅にタイムロスしてしまうのでカードの切り方は丁寧に行うこと。

HS

アダムのHSはかなり貯まりづらいので基本的に使わないでおk。自分がHSを使うというよりかは相手に貯めさせないような動きをしたい。HS自体は非常に強いので貯めることができたらきちんと使っていこう。相手のカード硬直やHS硬直に合わせて使えば確定でキルが取れる。他のHSに比べてかなり合わせやすいのが強みになっている。とはいえやはりHSを貯めない動きのほうが強いのでケルパで両方ポータルが取れたりといった限定的な状況でのみ使っていこう。

ステージ別

でらクランク

敵味方両方ドア有りの場合
ドア対処するかCを取ってドア飛びした味方の援護に行くかの二択。どちらも一長一短であり敵味方の編成などを考慮して臨機応変に動いていくしかない (味方のHSが重かったら自陣2が欲しい、などが評価基準になっている) 。


敵味方両方ドア無しの場合
自陣2を取って即Cに向かおう。たまに敵スプが自陣2を狙ってくることがあるので怪しいと感じたらダメカを切っても良い。HSゲージは全部味方二人にあげたいので自陣2は一ミリも広げたくない。とにかく早くCに向かって最初に3点を確保しそのまま押し切る展開を目指していこう。

けっこい

大抵自陣2に直行。敵が自陣にドア飛びしてきたときは2対1を作って秒で剥がせるようにしよう。Cが取れていてもいなくてもとにかく敵陣に突っ込んでガンナーに粘着していきたい。1対1ならちゃんとキルを取り1対2だったら死なない程度にかく乱する。これが上手くいけば終始有利なまま試合を運ぶことができる。気が付いたらCが取られていたなんてことにならないようしっかり味方の様子 (特にHP) も見ておこう。

たかさん

敵味方両方ドア有りの場合
どちらもドアを剥がせないことがほとんどなので実質C争い。アダムはかなり敵のドアを剥がしづらいので敵陣2に飛んだ味方の心配をしつつ真っ先にCに向かおう。最初に3点取ったほうが9割方勝てるので何が何でもCを先取りできるよう開幕に命を懸けよう。


敵味方両方ドア無しの場合
味方スプがどう動くかによっても変わってくるが基本的に敵陣2を目指したい。敵はアダムのフルカノをどっちも警戒しないといけないのでカードを温存しているだけでもかなりポータルに触りづらい。うまいこと時間稼ぎができれば味方ガンナーも到着して序盤から試合を優位に進めることができる。直接敵陣2に向かってもいいし、敵陣1に行く振りをしてフェイントを入れるのもあり。

グレウォ

自陣2に触って即Cに行くのは変わらないがこのステージだと敵が開幕から攻め込んでくる場合がある。敵が攻め込んでくる気配があるなら少しだけ (1~3マスぐらい) 広げておこう。敵が攻めてこないようなら逆にこちらが敵陣に攻め込む選択肢が生まれる。デスするとかなりの時間ロスが生まれてしまうので極力死なないように、死ぬとしてもなるべくCから離れた場所で死のう。

立体交差

基本的にでらクラと同じ (ポータル間の距離が異なるだけ) 。自陣2までの距離がだいぶ遠いので敵にドア飛びされると少ししんどさがある。いつもより慎重にフルカノを切って確実に剥がせるようにしておきたい。C付近が狭いので前線にいるだけでフルカノの警戒を相手に強いることができる。

ライブ

敵陣1に突っ込もう。少しリスクもあるがうまいこと敵陣1が取れれば莫大なアドバンテージが取れる。取れなくてもフェイントなどで相手にカードを使わせるだけでいい。開幕で8割試合が決まってしまうので初動に命を懸けよう。とにかく攻めていってどこかでポータルを3つ取れるように動きたい。一番倒しやすいのはガンナーなのでなるべく敵ガンナーと戦えるように位置取りしよう。

ケルパ

やはりガンナーと戦えるようにしたい。敵ガンナーがどっちにくるかをマップで確認してそちらに向かうのがもっとも安定する。スプリンター以外なら大抵勝てる (スプリンターにも引き分けが狙いやすい) ので脳死でタイマン側に向かってもいい。途中で味方と位置を交代することも視野に入れて臨機応変に動こう。

まとめ

とにかくガンナーに強いヒーローなので敵ガンナーに粘着を続けるだけで95点の立ち回りができる。慣れないうちは敵陣に突っ込むのに多少勇気が必要かもしれないが、少なくともガンナーとの1対1はまず負けないので勇気をだしていこう。