コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

アダム デッキ考察

前回の記事はこちら


compass-deck.hatenablog.com

 

目次

 

1.フルカノ型

テンプレ型。アダムの近距離は非常に強いので近距離を二枚積むだけで最強になれる。1対1の戦いがとにかく強く、現状フルカノアダムに勝てるキャラはほとんどいない。ちなみにカノーネを持っているおかげで初動も強い。耐久もできるし足も速い。はたしてこいつにできないことがあるのだろうか?

 

ディーバ シン カノーネ ギアメ

10点 理想構成。本当に強い。アダムどころか全キャラ中最強説すらある。強すぎて平気で2タテとかできる。ディーバのせいで扱うのはやや難しめ。コラボカードのせいで構築の難易度も高い。しかしそれに見合うだけの強さがある。

 

ディーバ フルーク カノーネ ガブ

9点 コラボカードなしの構成。ディーバはイェーガーで代用可。フルークのおかげでちゃんと色が2色取れているのがポイント。青一色だとさすがにつらいのでフルーク、赤ガブ、ギアメなどを上手く使うようにしたい

 

2.レンジ型

あまり見ないがとても強い。レンジでこかしたあとは通常攻撃してもいいし氷柱を当ててもいいしフルークで飛ばしてもよい。多対1の状況でも非常に強く、コクリコ対面も有利が取れる。フルカノ型とはまた違った働きができるのがポイントだ。

 

ディーバ シン 赤レンジ ギアメ

9点 理想構成。赤レンジとギアメを使うことによって攻撃ステを盛りつつ3色そろえることができる。コラボカードが三枚もあるので組める人はかなり限られてくる。

 

イェーガー フルーク レンジ ガブ

8点 コラボカード無しで比較的組みやすい。防御寄りのカードがないのでデキレを水増ししたかのような攻撃力と体力が得られる。使いやすいのでカノーネ難民におすすめ。

 

3.マジスク型

攻撃カードの一枚をマジスクにする構成。マジスクは使用できない時間が多いため残った一枠だけで長時間戦わなければいけないのが欠点だが、アダムの通常攻撃とマジスクは非常に相性がいい。

 

イェーガー フルーク マジスク ガブ

7点 マジスクにフルークを合わせた構成。マジスクを撃った後にダメカを張られるときついので、ちゃんとダメカを吐かせてから使いたい。CTの短いフルークと長いマジスクをうまく使い分けるのがひとつのポイントとなってくる。

 

イェーガー カノーネ マジスク 花火

6点 マジスクにカノーネを合わせた構成。ガンナーを無限にしばくことができる。他デッキに比べてとにかくガンナーに強いのでなるべくガンナーに粘着するようにしたい。

しかしこのデッキだとアタッカーとの殴り合いがかなり弱くなってしまうという欠点がある。特に鬼アタッカーや多段攻撃系アタッカー (のほ、マリアなど) は割とどうしようもない。相手がダメカを一切使わないようにされると通常攻撃とCTの長いマジスクのみで戦う必要があるからだ。

アダムの強みはどんな相手とも戦えてなおかつ有利が取れるという点なのでこのデッキはあまりおすすめしない。

 

4.武術家型

足が速くなる武術家を採用することで裏取り対処が容易になり耐久も楽になりフルカノも当たりやすくなる。体力がミリの敵も簡単に追撃できるようになるなどいいことづくめ。しかし当然デメリットもあって武術家ありとなしでは明確に攻撃力が変わってくる点だ。「攻撃ステ77 (Lv20)」 という数字はなんとあの全天攻撃ステ145 (Lv20) 」 の約半分である。

また、単純に武術家を入れる分攻撃カードが一枚減ってしまうのでキル性能がさらにダウンしてしまう。アダムの長所である通常攻撃の火力を減らしてまで足の速さを取るかどうかというのは悩みの種になってくるだろう。

 

イェーガー フルーク 武術家 ガブ

7点 ライブステージやたかさんといった初動が重視されるステージでかなり強い動きができる。どちらかというとスプリンターのような敵を錯乱させる仕事が得意。きちんと通常+フルークでキルする流れも見えているのが好印象。

 

イェーガー カノーネ 武術家 花火

5点 マジスクカノーネ型と同じくダメカを張らない敵に対して通常攻撃しかできないという欠点がある。こちらもアタッカーに弱く、特に素の殴り合いで勝てない相手が来たら一生かかっても倒せない。非推奨デッキ。

また、よくある注意点だが武術家込みで色を取ろうとするのはNG。武術家や秘めたるといった常に使っているのが望ましいカードではほとんど属性変更ができないので実質ないものだと考えよう。武術家なしで2色、3色取れるようにしておくと良い。 (このデッキの場合イェーガー カノーネ 武術家 ガブとデッキを組むと実質青一色で戦うことになる) 

 

フルーク カノーネ 武術家 花火

5点 ダメカ無しの欲張り構成。アバカンや号令一枚で打つ手がなくなってしまうのでさすがにやりすぎか。こいつのフルカノはかなり気合を入れないと避けられないので相手からしたら兵器。武術家のせいでワンパン圏内が低くなってしまうのが悔やみきれない。

 

まとめ

どちらかというとカノーネよりフルークのほうが必須。これは相手が上手くなってくるとアダムの前では安易にダメカを張らなくなってくるからだ。ダメカ張ってない状態でも攻撃できる手段 (ほとんどの場合フルークかレンジ) を入れておくのがデッキを組むポイント。キャラの性能自体が非常に高いので大体何を積んでも活躍できるのは間違いなしだが、それでもロングレンジやヴァルヴァラはなるべくやめておこう。