コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

ジャンヌ キャラ対面

前回までの記事はこちら。

 

compass-deck.hatenablog.com

 

compass-deck.hatenablog.com

 

 

compass-deck.hatenablog.com

 

アタッカー

基本的に通常攻撃は動き回っていればほとんど当たらない (一発目の発生が非常に早いアダムなどは例外) 。警戒するべきなのは攻撃カード。特にフルカノなどは吹き飛ばし効果があるので開幕で当たるとそれだけでポータルを取られてしまうことも。もちろん避けるのがベストだがどうしても避けられない場合はHAを使って吹き飛ばしを防ぐなど臨機応変に対応したい。

 

双挽 乃保

9対1で有利対面。通常攻撃がほとんど当たらないのでずっと動き続けているだけでいい。しかしマジスクからの通常をもろに食らってしまうと体力を大幅に持っていかれるので常に警戒しておこう。

 

桜華 忠臣

6対4 フルークやカノーネを積んでいるタイプが非常に多く厄介。牙突で開幕すぐに飛んでくるのも嫌なポイント。初手でこいつに剥がされるのケースはかなり多いが一度ポータルが広がってしまえばこっちのもの。他アタッカーに比べて足が遅いのも地味に助かる。

 

マルコス’55

8対2 警戒カードはマジスクだけ。基本的に有利だが敵がマルリリのときの火力は異常。とにかく動き回って枝にも気を付けよう。

 

ソル=バッドガ

7対3 アバカンやメカ反などいろいろ警戒しなければならない。しかし一発当たったら終わりのフルカノに比べればマシだったりする。ダメカが余っているなら対処は割と楽。ダメカを張るタイミングに気を付けよう。

 

リュウ

7対3 HAを使うと加速するのでフルカノタイプだと非常に厄介。またデッキが読みにくいので開幕の対処がしにくいのも難点。イナシューなどの遠距離を入れている型だと割となんとかなる。

 

マリア=S=レオンブルク

9対1 足が遅いのでだいたいの攻撃は見てからでも避けられる。開幕芋が多いのもジャンヌにとってはありがたい。しかしHSには注意。

 

アダム=ユーリエフ

2対8 本当にきつい。とにかくみんなカノーネを持っているのでダメカ2だとメタられる。足が速すぎて通常攻撃もフルカノもばんばん当ててくる。ダメージ量もえぐいので付きまとわれるだけで殺される。割とどうしようもないので早めの撤退を心がけよう。

 

レム

3対7 ジャンヌからしたらかなり嫌なキャラ。周囲がとにかく早いのでダメカを合わせることが難しい。敵に囲まれた状態でオレンジに当たるとそのままピタゴラスイッチのように死ぬことも珍しくない。カノーネにも警戒する必要がある。

 

カイ=キスク

6対4 つらいかどうかは割とデッキ次第なところがある。とりあえず距離を取っていつでもダメカを貼れるようにしておこう。スタンディッパーにも注意。

 

ガンナー

敵がアバカンを使ってからダメカを張ることを意識したい。ガンナーの通常攻撃は非常に避けにくいのでついつい被ダメが増えがち。きちんとポータルダンスでダメージを抑えるようにしたい。

 

リリカ

8対2 ポータルを踏んでいるかどうか、デキレや秘めたるがあるかなどでまったく痛さが変わってくるキャラ。デキレが同じぐらいだったら基本的には怖くない。足が速いので倒せることは少なめ。

 

ルチアーノ

6対4 こちらがダメカを貼っていてもがんがんダメージを入れてくるコンパス界の固定砲台。上手く距離を取れればそこまで怖くはないがアバカンやクルエルダーを入れているパターンもあるので要注意。

 

深川 まとい

5対5 問題児。このキャラは1対1だとそこまで怖くない。フルカノをちゃんと避ければジャンヌでも落とすことが可能だったりする。しかし1対2以上になったとたん急に厄介になる。秘めたる→通常攻撃もフルカノもとにかくきつく、ちょっと油断をするだけで即殺される。幸い足が遅いのでフルカノは比較的よけやすくタレットもほとんど怖くない。アダムとセットでくるとマジで地獄。

 

ディズィー

4対6 あまり来てほしくないキャラランキング上位。ポータルの拡張スピードが他キャラに比べて断然早いので援護が速く厄介。攻撃カードもなんでも持っているのでつらみ。通常攻撃が大して痛くないのが唯一の救い。

 

サーティーン

2対8 とにかくやめてほしい。フルークもカノーネも当然のように積んでいて通常攻撃も痛い。ジャンヌを倒すためだけに生まれてきたようなキャラ。HSでアタッカーになるので他ガンナーと違って粘着できないのも痛い。なんとか逃げ回ろう。

 

エミリア

8対2 アバカンしか脅威がないのでダメカを無駄遣いしてなければほとんど問題ない。通常攻撃もよほどのことがない限り余裕。ポータルを踏んでいると多少DPSがあがるので注意。

 

メグメグ

6対4 エミリアと違ってアバカンに当たると高確率でナタデココなってしまうので要注意。きちんと敵のカードを見ていれば基本的には避けられる。FPSをしてきたら後ろにまわって殴ろう。意外と倒せることも多い。

 

リン

8対2 特になにも怖くない。しかしどんなカードを積んでいるか分からないので近づいてきたらダメカの準備をしておこう。DPSは低め。

 

タンク

特に何もやることがない。お互いがお互いを倒せないので不毛な展開になりがち。他の敵味方の状況に注目していつでも援護に行けるようにしよう。HAを上手く使って無駄なカードは切らないように。

 

ジャスティス ハンコック

5対5 本当に何もやることがない。暇だったらアピールでもして時間をつぶそう。

 

ジャンヌダルク

5対5 HAを押しっぱなしにするだけのクソゲー。一応スタンがいつきてもいいように警戒だけはしておこう。

 

グスタフ ハイドリヒ

4対6 他のタンクと違ってばんばん周囲攻撃を入れてくる。ダメカを張っているときならそこまで怖くはない。レンジや号令をイェーガーで防げたらジャンヌ上級者として誇ることができる。

 

ヴィオレッタ ノワール

5対5 お互いに暇な時間を過ごすことになる。特に何も考えなくていい。

 

レン

4対6 向こうのHAは味方を強化できるのでこちらより一枚上手。お互いにHAをする展開だと味方が不利なのでできれば他の敵のところに向かいたい。

 

スプリンター

ドアで飛んだら真っ先に向かってくるのがこのロール。フルカノを積んでいるキャラも多く秒で剥がされることも珍しくない。どのキャラにもある程度のテンプレがあるので敵のカードを予測して動くのが大事になってくる。

 

十文字 アタリ

6対4 いまいち何を持っているか分かりづらいスプリンター枠。フルカノエレドあたりは鉄板なのでいつきてもいいようにしておこう。

 

Voidoll

5対5 フルカノとフルークスタンが圧倒的に多い。敵の動き方を見ていればある程度どっちか分かるのでしっかり観察しよう。常に動き回って的を絞らせないようにするといい。

 

ニコラ テスラ

7対3 ダッシュも罠もそこまで怖くないのでとても相性がいい。しかし呪詛を置かれるとどうやってもフルカノが避けれなくなり詰むこともある。

 

初音ミク

5対5 大体敵もドアで飛んでくるのでそこまで戦う機会がない。低ランクだとフルークやカノーネを積んでたりすることもあるがボイドに比べるとだいぶよけやすい。

 

コクリコット ブランシュ

1対9 鬼門。とにかくダッシュが痛い。フルークやレンジも痛い。ダメージを軽減しようとダメカを張るとカノーネが飛んでくる。一応体力が低いという弱点があるが攻撃能力のないジャンヌではまったくどうしようもない。敵が上手いと1対1ですら落とされることがある。味方に助けを求めよう。

 

春麗

4対6 なかなか厳しい。春麗の周囲は1.0秒でコクリコに並んで3位タイ。レンジや号令を食らって上手いことパスされるのが一番きつい。攻撃に合わせてダメカを張るしかないので意外とシビア。とにかく頑張ろう。

 

かけだし勇者

6対4 あまり危険はないものの油断をしているとスタンやマジスク、カノーネでぼこぼこにされる。よく見ていればよけやすい攻撃が多いのでしっかり避けれるような動きをしよう。

 

まとめ

基本的に1対1では落とされない (コクリコは例外) キャラなのでどんな相手とも互角以上に戦える。しかも13以外の敵ガンナーは通常攻撃だけで倒せることもあるのでかなり強い。しかしアダムやコクリコなどまったく有利が取れないキャラもいるのでうまく味方と連携してポータルを守り切れるようにしたい。