コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

Voidoll 立ち回り考察

前回までの記事はこちら。


compass-deck.hatenablog.com
compass-deck.hatenablog.com

目次

 

基本

前提として、できることがとても多いキャラなので臨機応変に動くこと。特にライブやケルパでは常にステージ中を駆け回るぐらいの勢いでいくといい。DA(ダッシュアタック)はそこまで火力が出ないし隙も大きいので多用しないこと。DAを使うときはダッシュを当てるほんの少し前に属性変更をしておくと、ダメージを多少上げつつDA後に即カードが切れる。

 

序盤

敵のドア持ちが自陣BやCに飛んで来たらステージにもよるが基本は剥がしに行こう。ひとりで剥がせないときは味方がくるまで広げさせないようにするだけでもいい。敵にドアがない時はCに向かうのがテンプレだが敵陣に突っ込んでかく乱するのもあり。しかしライブとたかさんではドアは基本無視すること。ドアキャラは大抵ポータルを守ることに特化しているので、まだ空いているほかのポータル (敵陣2番目など) を狙いに行くほうが断然良い。

 

開幕C争い

基本はイェーガーを貼って先に触ること(この時、間違って相手に通常攻撃をしてしまわないように気を付ける)。相手がコクリコだったら様子見かイェーガーと持続回復を同時に切ってポータルを触るかの2択。自分がフルカノだったら相手が触るまで様子見でもok。ランクが高くなればなるほど開幕でCを取れるかどうかはとても重要なので丁寧なプレイングを心がけよう。

 

中盤以降(ポータル数優勢のとき)

敵にルチかデズがいるときは積極的にHSを貯めていこう。最初にCを取ってそこで貯めるのが理想である。敵が裏取りにきたら真っ先に対処するのがおすすめ(Cの味方が落ちても即座に向かえるため)。その際特になにかする必要はなく、距離を取って放置でいい。

3対3の総力戦をしているときは基本的に味方の援護をメインで考えよう。号令をかけることはもちろん、味方がスタンして死にそうなときはフルークで敵を飛ばして助けたりすることができる。スタンを当てるときは敵にむかって飛び込み、味方が攻撃しやすいようなタイミングで撃つと効果的だ。味方と敵の動きをよく観察することが大事なヒーローである。

味方が落ちてしまったらダッシュを駆使してポータルを守ろう。一時的に人数不利になってしまってもボイドはポータルを守るのが得意なキャラなので、なんとしてでも味方が戻ってくるまで維持したい。DAはもちろん厳禁。1対2や1対3をしているとき、うまくスタンを敵全員に当てることができたらガンナーを優先してフルークで飛ばそう。スプリンターとアタッカーでボイドにダメージを与えるのは難しいからだ。

 

中盤以降(ポータル数劣勢のとき)

裏に走ってCの人数を減らそう。フルカノボイドを使っているときはそのまま対処にきた敵を倒してしまっても構わない。が死なないのが一番大事。基本は何もしなくていいが味方がCにいる敵を倒したら戦闘開始の合図。相手はCの援護に向かいたいのでそこを狙ってフルークやスタンで妨害する。ドアのキャンセルも積極的に狙っていきたい。味方がCの2対2で永遠に勝てない場合もあるが、#コンパスはそういうゲームなので潔く諦めよう。

また、スタンがあるときはCで3対3を行ってもよい。勝率が高いほうに賭けるのが大事だけど、判断が難しいときはとりあえず裏取りをしておけば間違いない。

 

HS

ポータル数優勢のとき

残念ながらHS自体が大して強くないので基本的にHSを貯める必要はないが、敵にルチとデズがいるときは話が別。仮にルチのHSに合わせられないという人でも持っているだけで意外と抑止力になったりする(...するよね?)。HSが全く必要ないキャラなので敵陣を踏みに行くのもあり。フルカノボイドを使っているときはガンナーに粘着することで敵のHSが貯まるのを妨害することもできる。

 

ポータル数劣勢のとき

ボイドのHSに逆転性能はない。がいつまでも使わないのもあれなので残り40~60秒ぐらいになったら適当に使おう。あらかじめ自身の体力を減らしておくとかなり強制送還しやすいが死なないように注意する必要がある。敵の目の前でHSを使うとフルークを合わせられボコられる可能性があるのでちょっと離れたところで使おう。ドアを持っているなら数字が2になった瞬間にドアを使うとポータルの周囲にいる敵を一掃できる。しかしこの戦法は敵のランクが高くなればなるほど警戒されがちなのであまり過信しないこと。相手がHSを吐いてくれたらいいなぐらいの気持ちで使っていこう。

 

ステージ別

たかさん

基本的にドアは無視 (空いている敵陣2番目のほうが何十倍も取りやすいからだ) 。他のところに行く振りをして敵陣一番目に突っ込みフルーク等で剥がすのが最善手。ただしリリカやデズといった足の速いガンナーだと追いつけないので敵陣2番目も狙っていこう。自分のPSに自信がなければ最初から敵陣2番目を狙いたい。基本的に敵陣に突っ込みかく乱して時間を稼ぐのが仕事。開幕から死なないようにようにだけ気を付けよう。

 

グレウォ

敵がドア無しなら普通にC争いだがドアがあると少し厳しい。フルカノ、フルークスタンではよほどのことがない限り剥がせないので、開幕から敵陣に突っ込んで広げさせないようにするのがベスト。その際味方が援護に来てくれないと長時間1対2をすることになるので意思疎通が大事である。味方が三人とも敵陣に突っ込むとCにいるドア持ちが裏取りしてきたとき対処できないので、敵陣2番目の階段付近を位置取りいつでも裏取り対処できるようにしておこう

 

ライブ

敵が自陣1番目ドアなら即触りか剥がしで対処。敵が自陣2番目ドアなら無視。敵陣に突っ込んでまだ空いているポータルを取りに行きたい。なるべく長時間敵をかく乱して味方が援護に来る (もしくは広げる) 時間を稼げるようにしたい。ポータルの数が2対2でもう下の取り合いがないと判断したら即Cに向かおう。ドアは残り時間1分20秒に再度使用可能となるのでそれまでにCを触れるようにしておきたい。

 

ケルパ

基本的にタイマン側へ向かおう。よほどのデキレ差がない限り大抵の相手には勝てる。3点側でも普通に仕事はできるので編成次第ではあり。その場合タイマン側の戦況を常に把握しておきたい。大きいポータルが取られるとまずいので味方が連続でやられている場合はすぐにカバーに向かおう。いったりきたりすることも多く忙しいヒーローなのは間違いない。

 

2on2 ちゅら

最初は歩いて段差を降りよう (そっちのほうが早い) 。そのあとはまっすぐ敵陣ポータルを狙いに行くのが強い。大抵相手は油断しているのでフルーク一発で即勝負が決まるときもある。この時Cの通路に落とすようにうまく方向を調整して当てるようにしたい。大きいポータルが二つ取れればほぼ勝ちである。

 

まとめ

裏取りの実行や対処、剥がしやスタンなどできる仕事がとても多くスプリンターの基本となるキャラクターだ。耐久はそれほど高くないので無駄な被弾をきっちりさけるのが重要である。フルカノはもちろんレンジやアバカンなどもしっかり避けれるようになると抜群に安定する。デキレよりPSが大事なヒーローになっているのでに常にmap全体、敵味方を見つつどういう動きをしていくかを瞬時に判断していこう。

 

次回の記事はこちら。

 

compass-deck.hatenablog.com