コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

Voidoll デッキ考察

前回の記事はこちら。
compass-deck.hatenablog.com

 

目次

 

1.フルークスタン型

ボイドのテンプレ構成。味方の補助はもちろんのこと、脆いガンナーぐらいならひとりで落とせたりもする。裏取り対処もタンク処理もタイマンもできるコンパス界の何でも屋さん。対応力が非常に高いのが強み。一見最強っぽいが実は敵のドアスプがちょっと苦手で環境は取れてない。味方と協力して頑張って剥がそう。

 

ジャックオー シン 号令 花火

f:id:asahi4:20180523054011p:plain

10点 コラボカードまみれなのでイベアリ用。防御が高すぎて敵のエミリアやメグメグが涙目になるデッキ。ありえないほど強い。

 

イェーガー フルーク 号令 花火

f:id:asahi4:20180523054027p:plain

9点 安定デッキ。号令がコラボ限定なので入手が難しいのが欠点。フルークはパンツァー、花火はだんじり等で代用可。UR難民、デキレ難民でも高ランクを目指せるのが強み。

 

イェーガー フルーク エレド 花火

f:id:asahi4:20180523054029p:plain

7点 じゃあ号令もエレドで代用できるんじゃない?という気がしてくるがそうではない。エレドも使えないことはないが敵のランクが高くなるにつれだんだん当たらなくなっていくのだ。これは残念ながら妥協デッキ。みんなで次のミクコラボにお金をつぎ込もう。

 

2.フルカノ型

あまり見なくなってしまったがこれも強い。臣やアダムに比べて火力は出ないもののフルカノを圧倒的に当てやすいのでガンナー、特にリリカなどは一方的にぼこぼこにできる(かわいそう....)。スプリンターなのでアタッカーにも一方的に攻撃が可能。カノーネで打ち上げた後、相手の着地際にフルークを叩き込むことができるようになると本当に無双してしまうのでなるべく練習をしておきたい。

 

イェーガー フルーク カノーネ 花火

f:id:asahi4:20180523054031p:plain

9点 理想構成なのでこれでバトアリもイベアリも行ける。イェーガーを全天にして火力を出したり、カノーネをリゼロカノーネに変えてもいい。パンツァーやシュタルク、バルログは火力が大幅に下がってしまうのでなし。回復をギアメにするとさらに火力がでるが....?

 

3.ドア型

ミクやテスラに比べた時のドアボイドのメリットは
○ボイドはドアが最速なので99%ドア勝ちできる
○体力が少なくなった時武術家スプと同じような動きができる
○近距離カードがとても当てやすいのでポータルから剥がしたり、取ったポータルを簡単に広げることができる
○臣と同じように後ドア(相手がポータルに触れたのを見てからドアを使い近距離カードで剥がす。ケルパのタイマン、ちゅらの敵陣1番目などで使える)ができる
○HS+ドアのコンボができる

 

デメリットは
○テスラに比べてHSの取り返す能力が低い→2-3になったときの逆転が味方依存になる。
○体力が低く耐久面が弱い(重要)

 

といった感じでそこまで悪いわけでもない。テンプレの敵陣2番目やCドア以外にも読みドアや後ドアなど、取れる戦略が非常に多く、使用者の判断力が試される。ドア以外SRだけでもデッキを組めるのでハードルが低め。

 

ジャックオー ライディーン ドア 花火

f:id:asahi4:20180523054034p:plain

8点 コラボカードが多くイベアリ用。とにかく耐久が高く、このボイドを落とすのは至難の業。

 

イェーガー フルーク ドア 花火

f:id:asahi4:20180523054036p:plain

7点 ドアボイドの近距離型。全体的にドア臣に近い。フルークを当てるとポータルを広げられるのがとても強い。またフルークは妨害にも使えクールタイムも短いので活躍する場面が多い。パンツァーで代用も可。

 

イェーガー 号令 ドア 花火

f:id:asahi4:20180523054038p:plain

7点 ドアボイドのスタン型。このデッキをミクやジャンヌでやる人もいる。エレドはなるべくやめておいたほうがいい。ダメカを2枚積みたい場合はミクを使い罠を置きたいならテスラを使おう。ドアスプはドアダメカ回復を確定にして、もう1枠を何にしたいかによって使い分けていくと良い。


4.その他

基本的にイェーガー (またはジャックオー) はほぼ確定。回復は持続回復の中から適当に選べばいい。近距離攻撃も一枚あると非常に便利。イェーガー回復近距離で3枠使い、残り1枠に使えるカードを適当に入れておけばまず間違いない。

 

イェーガー 号令 エレド 花火

f:id:asahi4:20180523054041p:plain

7点 スタン二枚型。号令を当てれば次のエレドも確定でヒットするためなんと10秒間もスタンさせることができる。しかしスタンさせても自分自身は何もできないためかなり味方依存気味。味方が通常攻撃の強いアタッカーガンナーだとこのデッキが活きる。野良だとタンク等が味方にきたとき編成事故が起きるので固定でやろう。

 

イェーガー フルーク シン 花火

f:id:asahi4:20180523054044p:plain

6点 異色のデッキ。カノーネに比べてどちらも飛距離が出るので着地狩りが難しい。近距離を異常なペースで打てるがさすがにそこまで近距離を打ちたい場面がない。スタンやカノーネを入れる型に比べるとどうしても対応力の低さが気になる。忠臣でやったほうが良さそう。

 

イェーガー カノーネ エレド 花火

f:id:asahi4:20180523054046p:plain

4点 フルークスタンと違って一人では何もできないのが弱点。カノーネではスタンをかけても飛ばせない。ボイドのダッシュや通常はあまりダメージが出ないのでダメカを吐かせることも困難。ちょっと気を抜くと試合では空気になることも珍しくない。

 

まとめ 

ボイドのデッキは大きく分けて三種類あるがどれも強い。しかしフルカノやドアも弱くないもののやはり流行はフルークスタン型。エレドだと心もとないので号令を採用できるかどうかというのがひとつのポイントになる。またデッキを組む際に防御ステ (花火や号令は防御が非常に高い) を少し気にかけておくと同格の多段系ガンナーがかなり処理しやすくなる。

 

次回以降の記事はこちら。

 

compass-deck.hatenablog.com

 

compass-deck.hatenablog.com