コンパスデッキ研究会

コンパスデッキ研究会

コンパスのデッキや立ち回りなどを研究します。

Voidoll カード考察

f:id:asahi4:20180508055201p:plain

コンパスのヒーロー、ボイドールのおすすめカードを紹介していこうと思う。キャラとしてのステータスは防御が非常に高いが、防御ステは無意味になりがちなのであまり気にしなくていいことも多い。ダメカ1回復1自由枠2がほとんどの場合テンプレ編成。発動短、長の硬直時間が非常に短く設定されており、SRも含めいろいろなカードを積みやすいのがポイントだ。

目次

 

ダメカ

イェーガー 攻:97/防:39/体:1161

10点 最強カード。クールタイムが短い回復カードと合わせることで常に敵陣を駆け巡ることができる。ボイドのイェーガー(というか無発動全般)は最速なので敵のエレドはもちろん号令ですらよけれる場合が多い。基本何も考えずこれを入れておけばおk。

 

 ジャックオー 攻:78/防:49/体:1174

10点 効果はイェーガーと同じ。もちろんこちらも最強だしなんならステも防御寄り。しかし火力が多少下がってしまうので色や凸数と相談しよう。イベアリ用。

 

ノーガード 攻:82/防:41/体:1256

8点 基本はイェーガーで何の問題もないが、デキレ差50以上が当たり前でイェーガーを貼ってても意味がない!という人向けのカード。発動短なのがネックだが普通に使える。

 

全天 攻:145/防:47/体:949

6点 全天自体は強いもののボイドにはイェーガーがあるのでそっちを使おう。フルカノ型で火力を出したいならあり。

 

ディーバ 攻:134/防:45/体:1117

4点 非常に強いカードだがボイドとの相性は最悪。特に積む意味がないのでやめておこう。

 

回復

必須。前線で長時間敵をかき乱すのが主な仕事なので何があっても入れたい。持続がおすすめだが即時でも特に問題はない。クールタイムが短いと前線に出れる時間が長くなるのでおすすめ。

 

花火 攻:102/防:61/体:813

9点 とても防御が高くボイド向き。回復量も多く花火を切れば格上ガンナーに向かって突っ込むこともできる。すこし回復量が多すぎるなと思ったらだんじりがおすすめ。特に目立った欠点はないが体力が少なめなのが玉に瑕。

 

アンジュ 攻:95/防:47/体:1452

9点 防御は高くないが異常なくらい体力が高い。花火に比べて一秒間の回復量が少なめでクールタイムも少し長いが慣れれば特に問題はない。花火と同じく最優秀カード。

 

だんじり 攻:84/防:64/体:843

9点 なんとあの花火より防御が高い(ついでに体力も高い)。回復量はすこし少なめだがSRの分凸しやすく、クールタイムも短いので非常にボイド向き。イェーガーと色が被るのがわずかな欠点。花火より凸数が上なら採用を検討してみよう。

 

リョーフキー 攻:84/防:42/体:1289

8点 効果はだんじりと同じ。防御が低い分体力が跳ね上がっているのが特徴。どちらかというとグスタフやジャンヌ向きのカードではあるがボイドでも全然あり。

 

ガブ 攻:99/防:40/体:1190

8点 即時回復は多少の慣れが必要だが、体力が高くクールタイムも短いので優秀なカード。花火やアンジュと凸数を比べて採用を決めよう。

 

ユニドール 攻:89/防:67/体:1117

5点 ステータスは非常に優秀。しかしクールタイムが非常に長く回復量も少ないためユニドールを採用するだけで前線に居られる時間が少なくなってしまう。あまりおすすめではない。

 

近距離攻撃カード 発生0.6秒(1位) 硬直1.8秒

ボイドの近距離の発生速度はとても早く全キャラ中最速。しかも忠臣と同じぐらい相手が吹き飛ぶのでこれ一本で相手の体力削り、とどめ、ポータルからの剥がしなどなんでもできるのでよほどのことがない限り一枚入れておきたい。

 

シン 攻:90/防:45/体:1369

9点 効果はフルークと同じ。体力が爆増するので鬼相手でも耐えやすくなる。威力も飛距離もgood。ボイドにとって最強の一枚。

 

フルーク 攻:132/防:43/体:864

8点 シンに比べて体力がだいぶ劣るものの攻撃ステが高いので火力が爆上がりする。カノーネを入れる予定ならこちらを使いたい。

 

パンツァー 攻:70/防:44/体:1048

7点 シンほどではないものの体力の高さが優秀なのとSRなので凸らせやすいのが魅力。シンに比べてやや体力が減るのと飛距離がでないのが欠点。wikiでステータスを見て採用するかを決めよう。

 

ジェニト 攻:72/防:54/体:897

6点 全体的にステが少し低いものの防御が高いのでボイド向き。上手く当たると異常なぐらい敵が飛ぶがステージ次第なところがある。パンツァーのほうが万能。

 

ぶれどら 攻:89/防:67/体:1118

3点 おすすめしない。体力もさることながら防御が非常に高いので耐久力は非常に増えるが、貫通を備えているのでとにかく吹き飛ばない。ボイドの近距離は相手を吹き飛ばせるのがメリットなのでそのメリットを完全に打ち消してしまっている。

 

 

ガードブレイク

フルーク系統のほうが打てる回数が多いがカノーネ系も非常に優秀。発生がとにかく速いのでまず相手はよけられない。敵のイェーガーや全天をカモにでき初手の選択肢も増える。入れるならフルークとセットで入れよう。

 

カノーネ 攻:128/防:53/体:853

7点 かなり強い。試合全体を通して使えることはもちろん、初動で自陣2番目に飛んできたドアタンクなどを剥がすこともできる。ステも地味に防御が高い。色がイェーガーとかぶるのと体力が低いのが若干のマイナス。

 

リゼロカノーネ 攻:128/防:43/体:1063

7点 通常のカノーネとほぼ同じ。凸数と色で選ぼう。

 

バルログ 攻:114/防:37/体:742

4点 おすすめしない。ステが低く火力も飛距離も出ないので厳しい。カノーネがでるまで我慢しよう。

 

周囲カード 発生1.1秒(全ヒーロー中5位) 硬直3.1秒

スタン系が基本。近距離ほどではないもののこちらも結構早い。スプリンターの移動速度と相まってかなり当てやすいが発動中の隙がかなり大きいので打つ際には周りに注意しよう。発動が短の場合はイェーガーとセットで使うのがおすすめ

 

号令 攻:90/防:68/体:895

9点 最強チートカード。とにかく効果が優秀なので比較的カードを当てやすいボイドに積むとまさに鬼に金棒。号令を当てた後は味方にキルをあげるなりフルーク系統のカードを使って任意の方向に吹き飛ばしたりやりたい放題。さらにステータスも防御よりなので....?

 

ミリア 攻:90/防:68/体:895

7点 とても使いやすい。エレドより断然当てやすいうえに隙も少ない。これ一枚で耐久も補助もかく乱もこなせる。防御が非常に高いカードなのでボイド向きではあるもののコラボかつURなので凸させるのが難しい。イベアリで使っていこう。

 

和太鼓 攻:132/防:43/体:863

6点 効果はミリアと同じだが常設カードかつSRなので非常に凸させやすい。ミリアに比べると防御が低く耐久面で不安があるが普通に使える。

 

エレド 攻:97/防:39/体:1161

6点 弱くはないが号令という上位互換が強すぎるせいでいまいちぱっとしないカード。発動が短なので号令に比べて隙も大きい。打つなら相手のダメカ秒数を数えたり回復の後にしれっと切るなど熟練の技術が要求される(なおそれでも号令のほうが強い模様....)。一応号令に比べ体力が多くクールタイムが短いので打てる回数は多い。入手性の良さは◎。

 

ディズィー 攻:83/防:42/体:1271

6点 効果はエレドと同じでステも大体同じ。凸数が同じなら体力が欲しい時こっちを選び、火力が欲しい時本家エレドを選ぼう。イベアリではこっちのほうがおすすめ。

 

ルルカ 攻:119/防:40/体:992

5点 基本は和太鼓と一緒だがサイレント時間が9秒→7秒と少なめ。その代わりにクールタイムは28秒→23秒と短縮されているのでより連発できる。しかし周囲は隙が大きくあまり連発するカードではない。よってクールタイムのメリットをあまり生かせないのが難点。

 

多脚 攻:135/防:44/体:885

5点 周囲界の問題児。強くも弱くもない。異常なぐらい敵が吹っ飛ぶのですごい使いづらい。ステージによっては何もできない場合がある。

 

その他

 

ドア 攻:115/防:46/体:1375

7点 ドアスプといえばミクやテスラだがボイドを使うのもあり。ボイドのドアは全キャラ中最速なのでグレウォやけっこいのCでは一方的にドア勝ちできるのがメリット。

 

お兄ちゃん 攻:74/防:46/体:1105

6点 ファミ通杯優勝、しーふ氏考案の新型ボイドデッキ (詳しいことはURL参照。立ち回りもしっかり解説してある) 。

【#コンパス】大会2連覇!!最強ボイド使いの無課金強構成を紹介!!【立ち回り解説】

エレドに比べて格段に当てやすい (というかほぼ当たる) のがメリット。その代わりスタンに比べて少し効果が弱いのでうまいこと使っていく必要がある。やや味方依存気味ではあるが、一試合を通して安定した活躍が見込める。

 

武術家 攻:77/防:48/体:1160

5点 ただでさえアビリティで加速するのでこれ以上早くする意味があまりない。攻撃カードが一枚減ってしまうのがデメリット。それはそれとして楽しい。

 

テレパス 攻:90/防:56/体:1344

3点 HSの時にこれを上手く使うと相手を高確率でリス地に帰すことができる。以上。

 

エボリリ 攻:94/防:70/体:1173

3点 いまいちよく分からない。絶対和太鼓のほうがいいと思う。

 

アングリフ 攻:95/防:73/体:949

2点 防御が高くなるのでたしかに耐久出来るが生きてても特にやることがない。やめよう。

 

まとめ

やはり発動の早い近距離と周囲がデッキ構成の鍵になってくると思う。特に近距離は異常なほど早いのでデッキに一枚は入れておきたい。だんじりやパンツァーなどの他のキャラには積みにくいSRカードを活躍させることができる。

 

次回以降の記事はこちら。

 compass-deck.hatenablog.com
compass-deck.hatenablog.com

 

compass-deck.hatenablog.com